福岡久留米 9月5日、手相リーディング養成講座しました

IMG_1961

開運当たる占い☆結婚・婚活・金運・仕事・人間関係

福岡久留米サロンへ全国から通う開運占い

久留米の母 田中恵子です。

 

9月5日

手相リーディング養成講座開催しました。

山口県からお越しになりました。

遠方からありがとうございます。

2日間の講座なので宿泊しての受講です。

 

IMG_1902

この手相の持ち主です(^.^)

生命線はパワーがあります。

行動力あります。

旅行大好きでじっとしているのは苦手な方

知能線も行動力ありと刻まれています。

知能線の先端はスピリチュアルな方だけが持つ

方向へと刻まれているのです。

占い師になれる資質をお持ちの方です。

そして

運命線がびっくり!!

50歳くらいから56歳まで二重運命線となって刻まれていて

その先は一本になっています。

 

今、まさに転機のとき

お仕事をしながら占いの勉強を始め

二つの仕事をする

これが運命線となって刻まれているのです。

そして

今日、ここに手相を学びに来て

その全容を知ることに

神様の導きのように全く知らない久留米の町へ来たのです。

手相を学び、これからの生き方の方向性を見つけることが

できました。

手相は未来も予測し教えてくれているのです。

鳥肌がたつほど、びっくりで感動しました。

 

養成講座では受講者の手相を手本にして学んでいくので

自分自身を知ることができ、

今、人生の転機で悩んでいて

何度もHPを見ては閉じ、また見る

しかし、今

行こう

久留米の母のもとへ

決意して

まずは、手相を学んでから今後のことを決めよう

お試しで行ってみよう

その気持ちは

大きく展開し

今後の生き方を見つけるまでに希望へと進むことができました。

 

自分の手相の意味を知って

確信を持てるようになったのです。

誰かの役に立つ生き方をしたい

これからは自分のために生きていこう。

喜べる生き方をしよう。

手相がみんな教えてくれたのです。

自分の手相で自分が勇気づけられたのです。

 

明日は講座二日めです。

来月は九星気学養成講座と数秘術養成講座を受講されます。

更に姓名判断養成講座は11月に受講します。

手相・九星気学・姓名判断・数秘術

4つのツールを占術としてこれからプロの占い師を目指して学んでいきます。

どの養成講座も2日間で習得でき、卒業後は有料鑑定ができるようになります。

 

感想をいただきました。

手相養成講座感想9月5日

・何が決め手でこの養成講座に申し込みましたか?

 HPを見てここだと思いました。

・本養成講座で解決したことなど、(具体的に)

 これからの生きる方向性がみえてきました。

・本養成講座についてのご意見・感想

 とにかく全力投球すれば、全力投球で返して下さる先生に心より感謝

・今後やって欲しいセミナー・養成講座を教えてください。

 四柱推命、今後ともよろしくお願いします。

 

 四柱推命養成講座は一年後開催する予定です。

 

=========================
【お知らせ】
久留米の母が二人いるようです。
「久留米の母」という名の電話鑑定サイトは
それはまったく別の方です。
080-5282-2557 
でお受けしています。
ご予約のときには電話番号の確認をお願いします。

=====================

久留米の母のこだわりの占術はこんなんで観ています。

鑑定はご希望の時間内で上記の占術で鑑定をしています。

あなたのお悩みを解決へと導いています。

プロが教える養成講座3か月コースのご案内はこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対面鑑定、電話鑑定をしています。
お忙しい方、遠方の方は

電話鑑定が便利です。

内容は対面鑑定と同じです。

通話料は無料です。

鑑定希望の方はメニュー/予約フオームはこちらから

電話鑑定予約の流れはこちらから


余裕を持ってご予約ください。

電話 080-5282-2557


営業時間10:00~20:00

完全予約制で承っております
男女OK/お子様連れOK
駐車場完備

鑑定場所
福岡県久留米市山本町豊田1662-1

080-5282-2557

080-5282-2557電話はこちらへ
クリックするとつながります

 

読むだけ開運☆無料メルマガ講座☆
の購読は簡単!

こちらをクリックして登録できます

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る