雷山千如寺へ心願成就祈願で祐気取りに行きました。

千如寺 6

占い占導師久留米の母 田中恵子です。

雷山観音別格本山千如寺
心願成就祈願をいたしました。
2016年3月

山の中腹にある雷山千如寺は3月でもまだ空気は冷たく感じられます。
凛とした空気が気持ち良い。

開運祈願をしていただき、写経をいたしました。

写経は日頃の罪の浄化になります。

ただ祐気取りに行くのではなく、修行として行くことは心の成長となり魂の浄化となります。

今回の祐気取りは私にとって素晴らしい体験を多くしましたし、

多くの気づきをいただきました。感動がありました。

感謝をいただきました。魂の浄化をしていただいたことを感謝いたします。

この感動を伝えたいと思います。

 

IMG_2778


開運厄払い祈願でご本尊に案内されて目の前に現れた観音さまの大きさと偉大さにまずびっくりしました。

慈愛に満ちたその穏やかな微笑は包み込む優しさがあります。
きらびやかな観音様ではなく素朴な美しさが心を包み込んでくれます。

観音様の安らかな微笑と四方八方に伸びる千手観音さまの手を拝んでいると不浄のものが取り払われていく心が清らかになる、そんな思いに包み込まれていました。

言い知れない感動がありました。心の奥を突いてくる不浄のものを取り払ってくれている。

最近の私の思いや不浄のものを浄化してくださいました。

(観音様の写真撮影は禁止なのです)

雷山観音

 

IMG_2748

 

祈願が終わって奥の方へ進んでいくと五百羅漢さんが笑顔で迎えてくれます。

千如寺 8

一人として同じものはなくてどの羅漢さんも笑顔で見つめてくれます。

「大丈夫だよ!」って見つめて微笑んでくれています。
心が穏やかになる。心が洗われる。そんな思いを感じました。

言葉もでない感動

すごい

千如寺 6

人の苦しみや心の闇を照らすことができる祈りを捧げました。

その後、般若心経の写経をいたしました。
ひとつひとつの言葉に心を込めて初めての写経を体験しました。

千如寺 7

 

IMG_2751

初めての写経です。普段筆ペンを使うこともないので字はヘタです。

でも、しっかり書きました。

その後すぐに不思議な体験をいたしました。
開運祈願成就が叶ってきました。

すごい!

IMG_2749

 紅葉の季節は多くの方が訪れます。
NHKで除夜の鐘の鳴る頃、映し出される光景でもあります。

千如寺 4

 

千如寺 2

 

千如寺 1

 

千如寺 3

 

IMG_2760

 

心願成就の祈願をいたしました。

不浄のものを祓い浄化していただきました。

このパワーをご縁をいただいた方に伝授いたします。

 

開運当たる占い☆結婚・婚活・金運・仕事・人間関係
福岡久留米サロンへ全国から通う占い占導師
久留米の母 田中恵子です。

※こんな方におすすめ
✔運気の上がる方法を知りたい。
✔移転、引っ越しの吉方位を知りたい。
✔理想のパートナーと出会えるか不安。
✔結婚したいけど出会いがない。
✔自分を好きになれない。
✔どうしたらいいのか分からない悩みがある。
✔自分の進む方向が分からない。

鑑定は予約でお受けしています。
お電話でのお問合せ喜んでお受けしております。

080-5282-2557
24時間受付の

鑑定メニュー/予約フオームはこちらから
久留米の母 こだわりの占術はこちらから

対面鑑定、電話鑑定をしています。
お忙しい方、遠方の方は
電話鑑定が便利です。
内容は対面鑑定と同じです。
通話料は無料です。

鑑定場所
福岡県久留米市山本町豊田1662-1

080-5282-2557

===================
東京都・埼玉県・神奈川県・大阪府・京都府・広島県
山口県・群馬県・愛媛県・岡山県・愛知県・
宮崎県・熊本県・長崎県・大分県・佐賀県
近くは久留米市・朝倉市・八女市・うきは市・大川市
筑紫野市・太宰府市・小郡市・粕屋郡・筑紫野市
みやま市・筑後市・三井郡大刀洗町・大牟田市・飯塚市
行橋市・京都郡
よりお越しいただいております。
ご縁に感謝


080-5282-2557電話はこちらへ
クリックするとつながります


メルマガ登録の読者さまへ
「九星気学で役立つ〇月〇日のメッセージ」として配信しています。

ご登録いただいている皆さまに、よりためになる情報をお届けし、もっと喜んでいただけるように頑張りますので、よろしければメルマガ登録をお願いします。無料ですので安心くださいね。
よろしければメルマガ登録をお願いします。
登録簡単!読むだけ開運&無料メルマガ購読
メルマガ登録はこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る