起業家の悩みは運勢だけでなく、いかに戦略を取りいれるか。福岡久留米佐賀

IMG_5253

 

福岡久留米佐賀 開運当たる占い
婚活・恋愛・仕事・転職・人間関係・離婚・夫婦問題
引っ越し方位・家相
赤ちゃん命名・ビジネスネーム
決断に迷うどんな鑑定内容もお受けしています。
久留米の母 田中恵子です。

 

モヤモヤした思い

孤独感、心配性、どこから来ているのか

分からない

以前の自分はこんなではなかった。

ポジティブに考え夢もあった。

なのに

今は夢もない

考えられないでいる

1年前鑑定に来ました。

そのとき聞いた内容、良い事も悪い事も全部当たっていた。

それにビックリ、驚いている。

そうだ!今日は見てもらいたいと思い来ました。

初めに感想をいただきました。

男性の起業家さんです。

新たに、新しいお店を開店する予定日がもうすぐ

という今

このままでいいのか

これでいいのか

確認したいし、知りたい。

 新店舗の方位から鑑定を始めました。

必ずしも吉方位ではない

という場所での開店

もう決まっていて、進んでいる内容なので

注意点などいくつかお話ししました。

そこから

姓名判断を見ながらお話しを伺っていると

悩みの課題が見えてきました。

今まで目標としていたことが

大きな未来の目標と思っていたのが

実は

もう、目先の目標だったのです。

姓名判断に明確に表れていて

九星気学の運勢の流れにもなっていて

四柱推命の運勢にも全てがリンクしていた。

みごとに腑に落とす内容でした。

初めの悩みの原点でもあった心配性からくる諸々の悩みも

大きな未来の目標や理想

究極の理想があやふやだった

子供の頃から目標や理想があったんです。

大きな理想です。

それを忘れていて

目先の目標に翻弄されていた。

そうなんです。

起業家さんは目先の目標につい走りがちです。

それも

目先のやり方や行動にばかり目がいって

大きな戦略を見落としがちなんです。

ここに気づいてから

俄然元気がでてきました。

究極の理想や目標を設定しておくことは重要です。

もし、目標が目先の理想しかなかった場合

叶ってしましった理想の先がなかったら・・・

ギャンブルに溺れるか

酒や女に走るか

浮気するか・・・

なんて最悪のパターンを世間のニュースで見ていますよね。

だから

起業家はしっかり究極の理想と目標を持って

今を生きることが大切なんです。

しかし

心の癒しも大切です。

運気をつかむ開運方法があります。

祐気取りをお勧めしています。

吉方位の神社へお参りする。

2月4日

から2018年がスタートします。

彼は今日

初めて祐気取りに出かけます。

静かに神と対話する

風を感じ

空気を、鳥のさえずりに耳を

自分との対話

本当の成功者は

長年連れ添った夫婦の仲が円満で

生き甲斐と健康を守られ

経済的に豊かかで人間関係にも恵まれている

理想です。

 

どんな精神安定剤を飲むより効果がありました。

(飲んだことないけど)笑

スッキリしました。

今日はよく眠れると思います。

感想をいただきました。

 

ただ占うだけではない

起業家さんのビジネスの話しにも発展する内容は深いです。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

姓名判断養成講座のご案内
九星気学養成講座のご案内
手相養成講座のご案内
数秘術講座のご案内
・四柱推命
・タロット
・心理カウンセラー
久留米の母 田中恵子です。
対面鑑定を久留米サロンで承っています。
遠方の方・お忙しい方、電話鑑定をしています。
ご予約・お問合せは下記へ
080-5282-2557
24時間予約受付の
鑑定メニュー・料金・予約フオームはこちら

久留米の母こだわりの占術はこちらから
※こんな方におすすめ
✔運気の上がる方法を知りたい。
✔移転、引っ越しの吉方位を知りたい。
✔理想のパートナーと出会えるか不安。
✔結婚したいけど出会いがない。
✔自分を好きになれない。
✔どうしたらいいのか分からない悩みがある。
✔自分の進む方向が分からない。

鑑定場所
福岡県久留米市山本町豊田1662-1

080-5282-2557
===================
東京都・埼玉県・神奈川県・大阪府・京都府・広島県
山口県・群馬県・愛媛県・岡山県・愛知県・滋賀県
宮崎県・熊本県・長崎県・大分県・佐賀県・鹿児島県
近くは久留米市・朝倉市・八女市・うきは市・大川市
筑紫野市・太宰府市・小郡市・粕屋郡・筑紫野市
みやま市・筑後市・三井郡大刀洗町・大牟田市・飯塚市
行橋市・京都郡・北九州市
よりお越しいただいております。
ご縁に感謝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る