1. TOP
  2. 九星気学
  3. 二黒土星を本命星に持つ人の性格とラッキーカラー、ラッキーナンバー

二黒土星を本命星に持つ人の性格とラッキーカラー、ラッキーナンバー

九星気学   41 Views

こんにちは、田中恵子です。

二黒土星とは、九星気学の九星のうちの一つです。

 

九星気学とは、生れた年月日から一白水星や二黒土星などといった九星と呼ばれる9種類の星と、

子、丑、寅といった十二支が表す干支(かんし)、そして、木火土金水(もっかどこんすい)といった五行を組合わせた占術のことです。

 

二黒土星を持つ人の、性格や運勢をお伝えするために、

ちょっとだけ、九星気学についてお伝えしますね。

 

九星気学の考え方がわかると、

なぜ、生まれ持った星が、性格や運勢に影響を与えるのかを理解できるはずです。

 

九星気学では、生まれた瞬間に存在している“気”を吸い込み、その吸い込んだ「気」がその人の宿命や運命に影響を与えると考えます。

 

人間を植物の種子に例えると、植物の種子は、生まれて呼吸をし始めた瞬間にその環境に適応する性質を持ちます。それが、持って生まれた性格になります。

 

そして、毎年変わる運気がその種子を取り巻く環境・気候と考えるとわかりやすいと思います。

 

星の組み合わせによって、育ちやすい環境の年もあれば、逆に育ちにくい環境があり、人それぞれ違うということです。

 

 

気学では、「気」は大自然に満ち満ちた目に見えないエネルギーであり、宇宙の運行をつかさどりそれぞれの人々が生まれてきた年月日、時間を組み合わせて状況を占う学術です。

 

気は「大気」として宇宙に存在し私たちに命の息吹を与えてくれます。「気」の規則性や特徴を学び、大気のあり方や法則を知り、対応策を実践していく運命学が気学です。

 

宇宙の大気は、持って生まれた性格や運命に大きな影響を与え、人それぞれの一生を決めます。それが宿命です。

 

宿命とは、人は必ず死ぬものとか、親や生まれた場所など自分の努力では変えられないものです。しかし、運命は努力次第で変えられるものです。

 

自分の宿命を知り、置かれている環境を知ることでどのように行動すれば良いかを知り、運命を変えることができます。

 

九星気学は、気の巡りを形取った天位盤と呼ばれる魔法陣から表されていて、そのルールを知ることで、性格や相性、開運法を割り出すことができます。

 

生まれた年月日の九星と地支(十二支)を基本とし、年月の周期的に廻る九星と地支の組み合わせを考慮して人の運命を予測、判断し悪い運命を避け幸運な運命を開く学術です。

 

九星気学は、その星を持つ人の性格がわかったり、方位の吉凶を知るために使われたり、またラッキーカラーやラッキーアイテムを使って開運できる方法となります。

 

この占術の特徴は、すべての人を生まれ年から9種類の九星に分類し、運勢・相性・方位を占えることで、家相にも使用できます。

 

では、早速、二黒土星について詳しくみていきましょう。

 

二黒土星とは

二黒土星を本命星に持つ人は、

 

昭和19年西暦だと1944年生まれ

昭和28年西暦1953年生まれ、

昭和37年西暦1962年生まれ、

昭和46年西暦1971年生まれ、

昭和55年西暦1980年生まれ、

平成元年西暦1989年生まれ、

平成10年西暦1998年生まれ、

平成19年生西暦2007年生まれ

平成28年西暦2016年生まれ

 

のおよそ2月4日から翌年の2月3日の間に生まれた方が該当します。

 

九星気学では旧暦を元にして節入りからが1年と考えるのでその年の節入りから新しい年になります。

また、年によっては、2月4にならず2月5日から節入りになる年もあります。

鑑定に来られる方には、できるだけ出生時間まで教えていただくようにしています。

 

二黒土星を本命星に持つ人の性格

二黒土星を持つ人の性格などは、

 

キーワードその1、おっとりな性格だけど芯が強い。

おっとりした性格の人が多く、ほのぼのした雰囲気があります。
地味で目立たない方ですが、人に安心感を与える人です。

外柔内剛でしっかりとした印象を与える人が多いのが特徴です。

 

しかし、頑固な一面があるので、融通が聞かないことがあったり、
ここぞという時に力を発揮することがあります。

 

縁の下の力持ちや裏方などの補佐役が得意で、信頼されながら活躍できます。

即断即決は得意ではなく、どちらかというと優柔不断で迷いが多いので、
リーダには不向きです。

お世話をしたり支えたりするのが得意なのでナンバー2の立場で才能を発揮できます。

 

キーワードその2、保守的で忍耐力がある

足元を固めて地道にコツコツと継続する粘り強さがあります。

堅実性があって、忍耐強さが強みになります。

また、女性は良妻賢母型で家族をしっかりと支えます。

 

損得勘定で物事をジャッジしないところが、人から信頼されたり安心感を与えます。

スローテンポで人にもなじみやすいです。

 

古い経験を重視するため、なかなか新しいことに飛びつくことはありません。

先手を打たず、人がやっていることを見定めてから後発で動く特徴があります。

 

自己主張をしすぎないことで、人から好かれますが、
新しい考えややり方を受け入れるのに時間がかかります。

 

美的センスはあまりなく、普通好みで流行にあまり興味を示さない傾向にあります。

 

新しいことに向かうのが不得意です。

 

コツコツ努力する姿勢や、柔軟さが組織の中で働いていて信用を得ることにつながります。

 

キーワードその3、育てることに向いている

決断力には欠けますが、人の気持ちをくんで柔軟に接することができるため指導力や人を育てる力があります。

また、人のお世話や人の話を聞くことも苦にならないため、二黒土星を持つ人の指示には人がついてくる傾向があります。

 

 

二黒土星の性質をもう少し詳しく説明すると、

 

母のような大きな心と、その奥にある芯の強さを持っています。
全てを包み込む大きな愛と、万物を生み育む力があります。

粘り強い我慢強さがあるので、地道な努力のできる長所の持ち主です。

ただ、勤勉で真面目な分、要領が悪かったり、融通のきかない性格が損をする短所として表れる事もあります。
勇気を持ち、豊富な経験を沢山し、自信へむすびつける事が、開運となり成功へつながります。

 

外面、内面ともに柔和な人でユーモアのセンスもあり生真面目で親切であり正直な性格です。

 

温厚でひかえめです。体の動作がゆっくり、重い感じのするやさしい人です。

 

特徴は子供の頃から年下や同輩よりも、目上の人とのつき合いを好む傾向があります。

 

性質は表面は穏やかですが芯はしっかりしています。

物事の判断は多少迷う面があり決断力は乏しい方かもしれません。

疑い深い点、嫉妬心で周囲に対しても思った言葉をそのまま出してしまい反感を買うなどの失敗もあります。

 

自己主張は普段はする方ではありませんが、一度「こう!」だと思ったことは、なかなか意思を曲げることはなく、他人の意見を聞かない傾向にあります。

この弱点に早く気づけば開運が早く、やがては大成する生まれでしょう。

 

二黒土星の方は、特に持続力があり粘り強いことが特徴です。

自分一人の力ではなし得ない事も、他人の力に頼ると何事もすばらしい結果が得られます。

 

特に仕事運に関しては自分ひとりの力での成功は困難ですが、人の指揮や指導に従い成功を得るタイプです。

 

なお気迷いは異性関係にもあらわれており、言い寄られると断りきれないところがあるため、中年期までは色情問題を起こさないように注意しましょう。

 

運勢は急激に良くなる生まれではなく除々に功を積み重ねて大成する運勢です。

速攻の成功をねらう野心を起こすと困難を招き失敗の結果となります。

 

慎重に目標に向かってコツコツと行動することが向いている生まれであり他人の援助から運勢が開ける運命です。

 

また熟年期までに親からの財産などを使い果たしたり、故郷から離れて生涯を東奔西走する運気を持ちますが、衣食などには苦労ない人です。

 

倹約家でケチに見られますが必要なことには出し惜しみしません。

 

機転がきき物事に対して器用ですが、他人の言葉に迷いやすく欲に走りやすい性格で、なおかつ名人堅気で合理的な考えは向きません。

 

社長でなく専務などの、名補佐役に徹して幸運を得る人です。人の面倒を見る際は感謝をされなくても物惜しみの態度には注意しましょう。

また理解が早く忘れるのも早いようです。

 

清潔で身の回りは整然と片付いていないと嫌な人です。

 

物事は綿密ですから一度始めたら明日にすることも今日中にしてしまいたい性格のようです。

 

若い頃から複雑な家庭に育つ場合が多いようです。

 

体質に合わない物までも吸収し、病気になりやすいので、健康第一で身体を鍛えることです。
晩年運で数え年四十三歳~四十六歳、五十二歳~五十五歳、六十一歳~六十四歳がチャンスの年です。

相続問題、親戚とのトラブル、職業の変化、嫁・姑との争い、営業上での同業者の干渉などに注意の必要があります。

 

二黒土星のラッキーフード

田んぼや畑などで収穫されるお米、麦、大豆、小豆、そばなどの穀物類やその穀物類から作られるせんべい・餅類・五目そば・粉類・あんこ・おにぎりや土の中から取れる里芋やじゃがいもなどの芋類。

 

そして、味は甘みという意味を持つことから、大衆的なお菓子やお団子、おはぎや、黒を象徴することから黒糖や黒蜜なども二黒土星にとってエネルギーを与えてくれる食べ物となります。

 

さらに、二黒土星は粘り強さという意味を持つことから、竹輪やかまぼこなどの練り物やそれを使ったおでんなどの料理も二黒土星にとってラッキーな食べ物になります。

 

変化球として、お米を丁寧に熟成させた日本酒も二黒土星にとって良いものになります。

 

ぜひ、自分らしさを取り戻したい時や
自分の良さを活かしたい時に取り入れてくださいね。

 

ラッキーフードだからと言って、
食べ過ぎや飲み過ぎは、かえってよくないのでほどほどに。

 

二黒土星のラッキーナンバー・ラッキカラー

二黒土星にっとってのラッキーカラーは

土を意味する、茶色や黄色、アイボリー、ベージュも含まれます。

そして二黒土星は、二黒ということから、黒も意味する色となります。

 

そして、数字は5と0になります。0には10も含まれます。

 

さらに詳しく鑑定をご希望の方へ

二黒土星を本命星に持つ人の性格やラッキーナンバーやラッキーカラーをお伝えしました。

いかがでしたか?

 

鑑定では、さらに詳しく

本命星と月命星を組み合わせて鑑定を行い、

方位による開運法や引っ越しや転職のアドバイスもさせていただいています。

 

LINEのお友達になっていただくと、
500円引きのクーポンをお使えいただけますので、

鑑定ご希望の方は、
クーポンをお使いくださいね。

 

お友達登録がまだの方は、こちらから登録ができます。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

久留米の開運当たる占い☆家相・方位・結婚・婚活・金運・仕事・人間関係 久留米の母 田中恵子の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

久留米の開運当たる占い☆家相・方位・結婚・婚活・金運・仕事・人間関係 久留米の母 田中恵子の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 九星気学養成講座を卒業されてカウンセラーとして活躍しています。

  • 離婚したい時期と運勢を四柱推命で知ることができる。福岡 久留米 佐賀

  • 祐気どりに行った感想をいただきました。福岡 久留米 佐賀

  • 福岡・久留米・佐賀・プロが教える占い師養成講座

  • 開業する時期と吉方位を知りたい40代男性を鑑定 福岡 久留米 佐賀

  • 九星気学養成講座で運気をつかむ方法が分かる。福岡 久留米 佐賀